甘太梨 3キロ 特大玉 (5〜7個)5L前後
販売価格

3,000円(内税)

在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT

甘太梨は2015年に品種登録された新しい梨です。
親は「あきづき」と「王秋」を掛け合わせています。
とても糖度の高い品種同士を掛け合わせているので甘太梨は
とても甘いです。

糖度16度ほどになるようです。

まだ新しい品種なので今後は糖度がどれほどになるのか
確かめていきたいです。

いろいろな品種を栽培している私としては、この品種が断トツで
甘いのではないかと思います。


「甘太」という品種の名前の由来がとても甘いことや栽培がかんたん
でよく肥大するということが理由だそうです。

収穫時期は「新高」と同じころで茨城県では9月下旬〜10月上旬
が旬になります。

新高よりも食感、糖度が優れこの時期のこれからの品種として
期待されている品種です。サイズも新高なみに大きくなります。

栽培者としては栽培が簡単というのも理想的です。花芽のつきもよく
枝を維持できるためです。

なんといってもこの品種の特徴はその甘さだと思います。近年の品種は
とても大きくなります。

9月以降に収穫される品種では5Lサイズが多くでることも珍しくありません。
むしろ栽培者の視点では大きい梨は当たり前という実感です。

果肉の肌質もいままでの幸水や豊水とちょっと違っています。つるつるしている
ような独特な特徴もあります。

ただこの甘太梨は食べた瞬間に今までの品種にはない甘さを感じたので、
この頭とびぬけて甘いというのが一番の特徴になるかと思います。

品種登録も新しく当園でも樹齢が若いです。
2020年現在、樹齢5年ほどの木が3本だけです。
収穫量もとても少ないです。

これから年々収穫量が増えてきますが、まだまだ貴
重で珍しい梨です。


今後が期待される品種になると思われ、これからが楽しみな品種です。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける

Tweets by 74ya_